スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    中止になった「NYCマラソン」から得たもの
    0


      NYCマラソンのレースディレクターから、
      昨日、エリート選手向けに説明会がありました。


      NYCマラソンは、メジャーマラソンの中で唯一、女性のディレクター。


      まずはレースが中止になった経緯から。

      NYCマラソンは、もともと始まりは「セントラルパークの周回コース」だったこと。
      それが、一回限りの予定で
      「パレード」のような、市民みんなのお祭りのように
      一般道を使ってレースを行ったことがきっかけで、
      これがどんどん大きくなって、今も続くようになったこと。

      2001年のテロの時も、アメリカ統一のために約2ヵ月後、
      世界中から、アメリカ中からNYに人が終結し、
      「NYCマラソン」を開催したこと・・・

      このように市民が作り上げたマラソン、
      市民がひとつになるために、
      ここまで大きくなったNYCマラソンだからこそ
      今回、市民の反対を押し切ってまで、開催することができなかったこと・・・

      など・・・・。



      CNN NEWS




      そして、そのあと
      2009年のニューヨークマラソン優勝者、
      今年のロンドンオリンピックでも入賞したアメリカのMEB選手が
      自ら、マイクを握り、選手たちに話をしてくれました。

      この日のために、準備をしてきたのは、みんな同じ。
      ただ長い間、競技者としてやっていれば、
      けがや病気をしてレースに出れないことはよくあること。

      今回は、それと同じ。
      マラソンの長い歴史の中で、こういうことはあってもおかしくない。


      ここで終わりではない。
      また次の目標に向けて、自分たちは前に進むために頑張っていくだけ。


      なんだか、この「強いメッセージ」を聞いて涙が出てきました。
      この会場にいられたことを嬉しく思いました。


      世界のトップランナーとして、速いだけではなく
      このような強い気持ち、そして、この状況でこのようなことを
      同じ選手たちに呼びかけて話をして下さった「強さ」に感動しました。

      そして、今朝もセントラルパークを
      颯爽と駆け抜けている選手たちの姿にまた感動〜〜〜☆



      また、昨年の東日本大震災で名古屋国際女子マラソンが中止になったとき、
      ロンドンマラソンやロサンゼルスマラソン、ソウルマラソンなどが
      急遽、日本のエリートランナーたちの出場を受け入れてくれました。
      今回はその反対に、日本のマラソン(横浜国際、福岡国際)が
      エリートランナー受け入れる準備をしていること。

      そんな話も進んでいるようです。




      この日のために準備をしてきたのはみんな同じ。
      選手たちはもちろん、
      スタッフも、ボランティアも、市民ランナーも、NY市民もみんなみんな。


      みんな、それぞれの思いを胸に刻んで、また今日からを歩んでいくのです。




      〜大久保のコメント〜
      http://sw-ac.jugem.jp/?eid=2513


      ☆今朝のセントラルパーク☆

      GOAL GATEに人があふれていました!



      被災者に向けたBOXが設置されていました。



      私も、いつかこの魅力いっぱいのマラソン、このコースを絶対に走りたい!
      そう思いながら、今朝も走ってきました^^









      | tama | - | 10:41 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 10:41 | - | - | - |
         せっかくここまで来たんだから、ただ何もすることなく帰るのも、旅費を無駄遣いするようなものであり意味がないから、記録は樹立されなくてもここで走りたいという思いは皆一緒ですよね。絵里chanがいつまでも落ち込まずに、気分を変えたのでほっとしてます。
         今回のハリケーンに関するNEWSは、世界中にも響いているわけでもあり、どこかの大会がやむなく中止になっても、うちの大会で招待選手などを引き受けてくれるというのは、正にマラソン大会側も素晴らしいことであり、まるで世界の輪が広まったみたいに感じます。

         そういえば95年に阪神大震災が発生したことを気に、その年、開催予定だった泉州国際は急遽中止となりました。関西国際空港の開港を記念して94年にstartしたわけであり、一時は幻の大会で終わってしまうということもFAN(僕は去年、95年大会がが中止だったことを知りました)から予想されましたが、それが翌年に見事復活し、今でも続いていることは本当に感謝です。僕も同大会は07年から連続で出場してます。来年も裕美子chan、朱美chanと一緒に出場します。
         ではまた、チカラでした。今週9日(金)と来週16(金)にヱヴァンゲリヲンが日テレで再放送しますよ。いよいよ新劇場版の公開が近くなりました。ベールを脱ぐまで残り12日です。
        | 佐藤チカラ | 2012/11/05 8:10 AM |
        感動ですね(-.-)
        被災地側からすれば、やはり中止は正しい判断なのかも知れません。昨年の震災で色々な大会も中止となりましたが、言える事は普段何気なくエントリーして走ってる大会も、関係者含め色々な方達の支えがあって成り立っている事、走れる環境にある事にもっと感謝しなければなと、あらためて思います。
        1日も早いNYの復興と、被災された方のご冥福をお祈り致します。我々も世界中の方から背中を押してもらいましたからね。次の目標に向かって頑張りましょう(^_^)/
        | カッキー | 2012/11/05 6:40 PM |
        いい説明会、強いメッセージですね。いい大会というのは、中止になっても得るものが大きいのですね。

        以下の記事のように、参加者の方々も頑張っているようです。今はただ、被害に遭われた方々のご冥福をお祈りし、復旧が順当に進むことを祈ります。

        「中止のNYマラソン参加者、サンディ被災者の支援に奔走」
        http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8A401H20121105
        | バックステージ | 2012/11/05 8:16 PM |
        こんなアフターケアがあったんですね。先日のベルリンのバックステージに引き続き、海外のビッグレース、素晴らしいなぁ。

        ニューヨークにも行きたくなりました(^^)さぁ軍資金稼ぎに、今週はエリザベス女王杯(競馬)だ( ̄▽ ̄) !

        そんな暇あったら走れって・・・スミマセン(><)
        | izumi | 2012/11/05 8:31 PM |









        トラックバック機能は終了しました。